kimono de 吟行

おもしろき こともなき世を おもしろく

高杉晋作 辞世の句



俳人かぶれのブチョーゆりこ@冒頭の句はまさかの我が家の家訓(父が決めた)、ですこんにちは。
や、ほんとに、実家に父の直筆で額縁に入れて掲げてられております。
まぁ、家訓のとおりに楽しく生きててたまに痛い目にあう(好き勝手やりすぎて夫に叱られる)、そんな日々を過ごしております。
着物好きが高じて、お茶や民謡など趣味を広げてきましたが、まさか俳句にまで手を広げるとは・・・。
でも思ったよりおもしろくて、難しく考えずに気軽に楽しんでます。

というわけで、先月の俳句のお勉強会を経て今回も杉山久子先生にご教示いただき、「kimono de 吟行」、初句会の初吟行でした!
お勉強会でもお世話になった岡藤呉服店さんから初陣!

20180409013957378.jpg

竪小路から一の坂川に行きぐるっと回って帰ってきます。
この日はお釈迦さまのお誕生日で花祭り。
近くのお寺で甘茶をかけさせていただきました。

20180409014145086.jpg

20180409014252186.jpg

20180409014234868.jpg

20180409014242345.jpg



たくさん飾られたお花。
甘茶のかおり。
どこからかやってきた桜の花びら。
肌寒い風。
満開の枝垂桜。
散ってしまったソメイヨシノ。
枝でさえずる小鳥。
大きな大きな酒樽の茶室。
狭い道。
ガレージで折りたたまれた鯉のぼり。
川のせせらぎ。
琴水橋の四叉路のカーブミラー。

ひとつひとつ、出会うものすべてが俳句の素材。
こうして五感をフル回転していると、普段は気にも留めないことに風情を感じたりするものですね。
私が選んだ素材は、琴水橋同様一の坂川にかかる橋“桜橋”です。

20180409014220001.jpg

この日の桜橋からの景色は春爛漫な桜ではありませんでしたが、満開ならさぞかし素晴らしいんだろうなぁ。

20180409014154984.jpg

で、その時思い出しました。
杉山先生が吟行前に「俳句にあいにくというのはない。一期一会を詠めばいい。」とおっしゃっていたのを。
寒いし桜も散ってるし残念・・・なのではなく、むしろそこに美しさやおもしろさを見出すというのが侘び寂び。



ここで一句!



清流に 花しべ降らす 桜橋

季語:花しべ降らす



「桜橋」と「桜しべ降らす」というフレーズをつかいたくて、くどくならないように「花しべ降らす」にかえました。
桜しべっていうのは桜が散った後に萼(がく)の残ったしべのこと。
新緑が芽吹いているのも喜ばしいけれども、桜の散りざまは花火よろしくやはり日本人の心に訴えるものがありますよね。
そして散ってなお、「桜しべ降る」という季語にまでしちゃうくらい桜というものは趣深く日本人に愛されているのだなぁ・・・と、ひとり悦に入ってて寒かったので(色んな意味で)コーヒー飲もう!ってことで川沿いの喫茶店に入りました。
落ち付いてて遊び心もあって、ステキな雰囲気。

20180409014125869.jpg

20180409014133142.jpg

だいたい素材も集めたし、あとは俳句を作るだけ!
さあ、いよいよ岡藤さんに戻って投句です。

20180409014258736.jpg

投句、清記、選句、という流れで句会が進んでいきます。
みんなで真剣に選句。
ステキな俳句がたくさんあって選べない!!
同じ題材でも人によって表現も違うし、詠み手の受け止め方も違うのが面白い。
私の句もいくつか票がいただけて嬉し恥ずかし・・・。
投句は無制限だったので皆さんたくさん詠まれて盛り上がりました。
すごく楽しかったなぁ♪
次回も楽しみです♪

僭越ながら、票は入らなかったけど私の渾身の句をご披露いたします!(お蔵入りが悲しいので見てほしいっていうか見てくださいおねがいしまs

20180409014138731.jpg

春風や もののあはれと 花散らす

季語:春風(はるかぜ)


なんでこの写真でこの句なのか、と。
一の坂川をてくてく歩いていたらコンビニがあってガラスにステッカーシールが。
そのシルエットは高杉晋作でした。
今年は維新150年。
季語の春風は晋作の諱でもあります。
「桜」と言わずとも、春風が散らすのは桜と想像つくので季重なりを避け、「花」にしました。
日本人スピリットとして、「もののあはれ」といえば桜とサムライ!
一の坂川のわずかに残った桜がひとひら、ふたひら、ゆっくりと散っているさまが侘しく、儚く散った幕末の維新志士とも重なりました。
さすがに幕末からではないだろうけど、時代の移り変わりとともにこの桜は何度も花を咲かせて、何度も花びらを散らせてきたのだろうなぁ。

・・・と、そんなふうに、「無常」というものになんともいえない寂しさ、儚さ、美しさを感じました。



ところで、高杉晋作の辞世の句。
続きがあるんです。

おもしろき こともなき世を おもしろく
すみなすものは 心なりけり


「すみなすものは 心なりけり」
つまり、つまんない人生を楽しくするのは自分次第ってこと。
つまり、着物と音楽と俳句とお茶と・・・全部楽しんでしまえってことか!(そして夫に叱られる)





スポンサーサイト

テーマ : 俳句
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mameryuri

Author:mameryuri
はじめまして。豆ゆり部長ゆりこの日記へようこそ。
「しものせきキモノ倶楽部 豆ゆり」は、下関市長府を中心に着物ファンの交流を広げる着物サークルです。
お花見、ランチ会、帯結び会、着物イベントに参加etc...ゆる~く活動しております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ
豆箪笥
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR